『博多町家ロジハウス』を中心に 人に優しい住まい創りをご提案いたします。
SE構法

災害が起きたとき、ときとして家・建物は凶器となりえます。
 
阪神淡路大震災における死者の九割は住宅が原因でした。
 
地震大国の日本において、安心・安全に住み続けていくためには地震に強い家であることも、
 
家づくりにおいて重要なポイントといえます。
 
㈱黒木建設は、木造でありながら地震に強いSE構法を採用しています。

耐震構法SE構法のメリット
耐震構法SE構法
耐震性を科学的に証明するSE構法


ほとんどの木造住宅は構造計算をしていない。この事実をご存知でしょうか?

建築基準法の中で木造2階建て以下の住宅は
「構造計算 」をしなくて良いという例外を認めているからです。

壁や柱がたくさんある家が強そうに見えますが、
本当の強さを科学的に証明されてはいないのです。

SE構法は、すべての建物で「構造計算」を実施し、「性能報告書」を発行いたします。
重さ、強風、地震、変形、ねじれ、バランス、部材に加わる力の7つのチェックポイントにおいて、 科学的に家の強さを証明しています。


耐震構法SE構法
自由な間取りにできる。変えられる。

広く自由になるスケルトンとインフィルを分けた発想

一般的な在来工法のように壁で家を支える構造と違い、
SE構法は柱と梁で支える準ラーメン構造。

つまり、間仕切り壁などの制約を受けない自由な空間です。

ワンルームのまま広く贅沢に使うことも、部屋を分けて使うことも、
その時その時に必要な空間をいつでも手に入れることが可能となります。

SE構法は、建てた後もライフスタイルの変化に応じて、
自由に住 空間を変えることができる構法なのです。
SE構法の強さの秘密










木ならではの安らぎに強さを備える集成材
SE構法の木材は、 工場でコンピュータ制御による高精度加工で均一仕上げされます。
強度設計に基づいて作られる木材を使用しているため、強度を計ることができ、構造計算を可能にしています。

鉄骨に負けない強さを実現するSE金物
SE構法のすべての接合部は、独自開発によるSE金物という金物によるハードジョイントにより 構成しています。
その金物はオリジナルリングで絞め、ドラフトピンを挿入することで、梁を引き寄せ 柱と密着します。
構造用集成材の特性をさらに引き出し、圧倒的な接合部を実現しています。

大規模建築も可能な木骨構造+構造計算
長野五輪のエムウェイブのように大規模建築も可能とする木骨構造のもと、その大規模建築物と同様の応力解析による構造計算を実地しています。立体応力解析であらゆる安全性を点検し、様々なデータをもとに、自然災害のシミュレーションを万全に行っています。



耐震構法SE構法についてもっと詳しく知りたい方はこちら



耐震構法SE構法公式ホームページ
       
重量木骨の家公式ホームページ
もっと㈱黒木建設の家づくりについて知りたい!
モデルハウス,博多町家ロジハウス
施工例,新築一戸建て,リフォーム,リノベーション
資料請求をしてもっと詳しく黒木建設について知る